2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK―ゴシック― 第6話「灰色の女将は同法を呼びよせる」感想

◆あらすじ
怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。ヴィクトリカはすぐにその事件の謎を解いてみせるが、新聞に事件解決の報はない。その代わり、来る夏至祭に灰色狼の村へといざなう広告が載せられていた…!!

◆主題歌
OP:yoshiki*lisa「Destin Histoire」
ED:コミネリサ「Resuscitated Hope」

◆原作
角川文庫 GOSICK1~5巻
角川文庫 GOSICKs1~2巻(短編)
※多分3巻くらい既読

◆公式サイト
GOSICK―ゴシック―



◆感想
このアニメは毎回前座的な事件を解決する導入なんですね。
今回は皿の盗難?
ヴィクトリカによると自演らしいですが、目的が分かりません。
現代なら保険金詐欺とかありそうですが、この時代にもそういう動機で事件を起こしたりするのかな。
あとOPにも出てくる目つきの悪いマジシャンも謎。
敵でしょうか?
今のところ敵と判断するだけの材料はありませんが、同じく鳩を使ったらしいシスターとの関係も気になります。

ヴィクトリカは痛がり。
久城とケンカをしてしまいますが、今回ばかりは久城が悪い。
転んで額をぶつけて大げさに痛がるヴィクトリカに面白がってデコピンして、泣いちゃったら逆切れとかないでしょう……。
しかし、この痛がりなところは何かの伏線でしょうか?
昔虐待されて叩かれるのがトラウマになっているとか。

後半は灰色狼の村へ。
ヴィクトリカが灰色狼の村へ来た理由は母の無実を証明するためでした。
ヴィクトリカの母も小さかったですね。
となるとヴィクトリカも小さいけど見た目通りの年齢じゃないということかも。
長くてうねるような金髪でちっこいってのは灰色狼の特徴らしいですが、なんとか卿とやらが欲しがったその能力とやらと関係しているのかな。

序盤の皿を盗られた(と言っている)シスターも出て来たので、やっぱり最初の事件はこれからの事件と関係してるんでしょうね。
一つ一つの推理はいまいちですが、こういう複数の事件が絡んでいる構成は好きです。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:ヴィクトリカ
 
スポンサーサイト

テーマ:GOSICK-ゴシック- - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amakuni186.blog136.fc2.com/tb.php/94-d475d122

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK-ゴシック- 6話

デコピンで絶交。デコピンで仲直り。というわけで、「GOSICK-ゴシック-」6話お忍び二人旅の巻。飽きっぽい。打たれ弱い。ほっぺぷくー。ほっぺ真っ赤。寝ぼけ。ヴィクトリカちゃんの ...

GOSICK -ゴシック- 第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」

まさか子ども同士の他愛もない喧嘩で1話分使い終わるのかともチラッと思いましたけど、さすがにそんなことはありませんでしたね(笑)。 母コルデリアの無実を晴らすべく、無断で図書館塔から外出する禁を犯してまで“灰色狼”の村に乗りこんできたヴィクトリカ。随分と大...

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。