2017-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラクタル 第3話「グラニッツの村」感想

◆あらすじ
フリュネを追っていたエンリにネッサと共に捕らわれてしまったクレイン!連れてこられたのはフラクタルシステムに頼らない生活を送るロストミレニアムの人々が住むグラニッツ村だった―。旧時代のものがあふれるその村にビンテージ好きなクレインは興味津々、好奇心を抑えきれない。自分が今まで知らなかった世界がクレインの前に広がってゆく。リーダーのスンダはどうやらクレインがフリュネの行方を知っていると考えているよう。  
そんな中スンダ達はフラクタルシステムに大きく関係のある「星祭り」襲撃を企てていて…。

◆主題歌
OP:AZUMA HITOM「ハリネズミ」
ED:AZUMA HITOMI「Down By The Salley Gardens」

◆原作
オリジナル

◆公式サイト
フラクタル - FRACTALE - 公式サイト



◆感想
フラクタルシステムのこと、ドッペルのこと、旧時代のこと。
少しずつフラクタルの世界が分かってきた感じですね。
フラクタルシステムによって物質文明からデータ主体の世の中に変わっていった。
そのフラクタルシステムを取り仕切っているのが僧院ってことですかね?

しかし、グラニッツ村旧時代のものがあふれると言っても何でもあり過ぎのような……。
病院の描写は物質文明の不便さを強調してましたが、むしろあのレベルを保っていることが驚異的すぎる。
グラニッツ村の人々は脳内チップ(かどうかはわからんけど)を摘出しているんですよね?
そんな技術があるの?
フラクタルから情報を得られないってことは紙媒体で一から勉強してそこまでの医療技術を習得する専門家を育成したってことですよね。
農作物なんかも、少なくともコーヒー豆と料理に使っていた豆は自給自足してるみたいだし、他にもいろいろ作ってそう。
それを全部「村」レベルの人数でやってるってすごいを通り越して不可能なレベルのような気が……。
逆にフラクタルに頼っている人も不思議ですが。
こっちは全部工業生産で、あらゆる過程は全て機械が担当しているのでしょうか?
誰も働いていないってことそういうことなんでしょうけど。

捕まったクレインはテロリストって言ってましたが、何をおおげさな……って思ってたら本当にテロリストでしたw
星祭りの妨害では当たり前のように僧院の人たちを殺してました。
一般人も普通に巻き込まれてましたね。
まあ詳しい背景なんかはわからないので、どっちが悪いとかはまだ触れないでおきます。
しかし3話で人が死ぬのが流行りなんでしょうかw

その僧院の人たちの中にネッサそっくりの人が。
ドッペルではない本物のネッサなのでしょう。
そこにフリュネも現れてネッサ(本)が姉と呼びました。
確かに髪の色とか元の絵も、アニメで変わってからも一緒だし、それっぽいですね。

だんだん面白くなってきました。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:エンリ
 
スポンサーサイト

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amakuni186.blog136.fc2.com/tb.php/87-2a515863

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。