2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻っている 三番地「猫省年」感想

◆あらすじ
ここは下町・丸子商店街。この一見フツーの通りに存在するメイド喫茶「シーサイド」。
そこで働く女子高生探偵に憧れる天然少女・嵐山歩鳥と、
そつなさで人生をこなす辰野俊子に、メイド服が何気に似合うバアサン・磯端ウキが繰り広げる、
メイド喫茶じゃない、メイド喫茶コメディー。商店街の皆さんを巻き込んで、本日もまったり営業中!

◆主題歌
OP:坂本真綾「DOWN TOWN」
ED:メイズ「メイズ参上!

◆原作
ヤングキングコミックス それでも町は廻っている 1~7巻
※既読

◆公式サイト
TBSアニメーション・それでも町は廻っている 公式ホームページ



お帰りなさいませ、ご主人様。
おや、初めて見る顔ですねえ。
まさかまさか、誰も化け猫の皮なぞ被っておりません。
奥にあなたを取って食おうと待ち構える目なぞ一つもありませんよ。
さ、こちらの席へ……

◆感想
こっちではそれ町遅いです……。
ようやく3話。
でも好きなので感想書きます。

絵の話。
ばあさんと辰野は普通の絵と言ってましたが、歩鳥が指摘した正方形以外にもおかしいところがあるような……。
例えば真相から判断すると、キャンバスではなく、木の板か何かに描かれていますよね。
ばあさんと辰野はあまりやる気無かったのかも。
それでも真相に至った歩鳥はすごいですね。普段アホなのに。

猫の話。
というか先輩の話。
原作既読なので歩鳥の勘違いは見てられなかった(悪い意味ではなく)。
ああいう勘違いは現実ですると気まずくて逃げ出したくなります。
でもあの先輩は初見では普通に少年に間違えそうですね。
いや、それらしいそぶりがあるから視聴者は間違えないか。


歩鳥役の小見川さんについていろいろ言われてますけど、個人的にはあまり気にならないですね。
ソウルイーターのときは3話くらいでギブアップしましたが。
でも小見川さんはひだまりスケッチのなずなのような役の方が合うと思います。
ラジオで聞いた地声もそちらの方に近かったですし。
スポンサーサイト

テーマ:それでも町は廻っている - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amakuni186.blog136.fc2.com/tb.php/8-daa328f6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。