2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の勇者の伝説 第20話「絶望に埋めつくされない心」感想

◆あらすじ
相反する二人が出会った。
呪われた者として忌み嫌われ、生きる意味を見失っている『複写眼』保持者、ライナ・リュート。
王家の血を引きながら、母が平民であるがゆえに蔑まれてきた、シオン・アスタール。
二人は出合い、そしてこの腐った国を変えたいと、望んだ。
そして革命の末、ローランド帝国王に即位したシオンは、ライナに彼が獄中で書いたレポートを元に、その鍵となる『勇者の遺物』探しを命じ、剣の一族であるエリス家の娘、フェリス・エリスをお目付け役として同行させる。

超絶面倒くさがりで万年無気力のライナと、超絶美人で傍若無人なだんご至上主義のフェリス、どこから見ても相性の悪い二人だが、各国を跨いで『勇者の遺物』を捜す旅の中で次第にお互いを無二の相棒として認め合っていく。
ローランド帝国で二人の動向を見守るシオンもまた、いまだ残る貴族との内部確執、そして他国との争いの予感に王として苦悩しつつも奮闘していく。
だが徐々に、二人の思いはすれ違っていく。
ライナたちがかつて夢見た『みんなが笑って、昼寝だけして
いればいいような世界』を作ることができるのだろうか……?

◆主題歌
第2クールOP:Ceui「Last Inferno」
第2クールED:高垣彩陽「光のフィルメント」

◆原作
富士見ファンタジア文庫
伝説の勇者の伝説(長編第一部)全11巻
とりあえず伝説の勇者の伝説(短編)全11巻
大伝説の勇者の伝説(長編第二部)1~8巻
堕ちた黒い勇者の伝説(短編・中編)1~6巻
※未読

◆公式サイト
TVアニメ「伝説の勇者の伝説」公式サイト


「彼の旅を監視し続けて…、あなたは、どう思いましたか?
ライナ・リュートはローランドにとって…、
シオン・アスタール陛下にとって、本当に必要な存在だと思いますか?
誰も死なない、誰も泣かない、平和な世界。
…素晴らしい。本当に、美しい理想です。ですが、それは…」
「…幻だ」

◆感想
思ったよりあっさりローランドに帰るみたいですね。
もう少し引っ張るかと思ってましたが……。
しかし今回周りに人潜みすぎw
何人いるんだよって感じです。

リルは何か知ってるみたいですね。
スイとクゥは暴走ライナを見ても思い当るところはなかったみたいですが。
ガスタークには魔眼の文献もあったみたいだし、結晶集めてるし、ある程度中枢にいる人は知っているのかも?

今回……というか前々から思ってましたが、実は素のライナって弱いのでは?
いやまあ強いといえば強いんでしょうけど、雑魚以外にはあまり勝率よくないですよね。

S 暴走ライナ
A ルシル・エリス
B リル・オルラ
C ルーク・スタッカート、ミラン・フロワード、ティーア・ルミブル
D スイ・オルラ、クゥ・オルラ
E フェリス・エリス、ライナ・リュート、クラウ・クロム

強さのランクで言ったらこれくらい?
原作未読の適当ランクですが。
ライナは一般レベルの魔法を器用にこなすくらいの印象しかありません。
強敵に通用する強力な魔法でもあれば少し違ってくるのかもしれませんが。

ティーアは敵のときは恐ろしいが味方にすると頼りない印象が……。
次の敵が現れた途端かませにされるキャラに似ている。
ルークとミランを1つ上げて、ティーアは1つ下さげるくらいが妥当かも。
 

スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://amakuni186.blog136.fc2.com/tb.php/30-41cfb2b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。