2012-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 第3話「赤鼻のトナカイ」感想

 結構話飛んだかな?


 
◆あらすじ
モンスターに襲われていたギルド≪月夜の黒猫団≫を救ったキリト。
現実世界でも友人同士だという黒猫団の暖かな雰囲気にひかれ、キリトは自身が《ビーター》であることを伏せたまま団の一員になった。
キリトの助けを受け、弱小ギルドの黒猫団は急成長し、最前線で戦う《攻略組》に追いつこうとする。
ところがある晩、団の紅一点・サチが不意に姿を消した。
いち早くサチを見つけ出したキリトは、彼女が“死”に怯えていると知り……。
◆主題歌
OP:LiSA「crossing field」
ED:戸松遥「ユメセカイ」


◆原作
電撃文庫 ソードアート・オンライン 1~10巻
※原作既読

◆公式サイト
ソードアート・オンライン



◆感想
いきなりキリトが月夜の黒猫団に誘われるところから始まりました。
命の恩人とのことですが、そのシーンは見せてくれないんですね。
彼らは全員レベル20程度のギルドらしいです。
女の子とかいるし、リーダーのケイタは妙に爽やかイケメンで、なんとなくリア充集団の空気が感じられます。
それにくらべて、キリトさんはいまだにコミュ障が治ってない様子w
まあ、ビーターとしてずっとソロでやってたみたいだから当然なのかも。

今回の注目はやっぱりギルドの紅一点、サチでしょうか。
わりと臆病なところがある女の子で、「守ってあげたい欲」を掻き立てるオーラが出てます。
こんなデスゲームに巻き込まれて、ちょっと精神がまいってるみたいです。
こんなのキリトじゃなくても慰めたくなりますよ。
体で……とならないのは童貞だからか?w
同衾はしましたが。

リーダーが不在のあるとき、ギルドのみんなで狩りに出かけることに。
嫌な予感しかしませんが、案の定宝箱に仕掛けられたアラームのトラップに引っかかってピンチに!
というか、うかつすぎるだろ……。
結局高レベル(レベル48)を隠して付き合っていたキリトを残してパーティは全滅。
後で話を聞いたケイタもキリトを罵りながら目の前で自殺。
これはトラウマですよ。

時は流れてクリスマス。
キリトはクリスマス限定のイベントボス「ニコラス」を倒すと蘇生アイテムが手に入るという噂を聞きつけ、単身挑むことに。
いろいろあって倒すことはできましたが、結局手に入れたアイテムで蘇生可能な時間は死んでから10秒以内という限定的なものでした。
そりゃそうですよね。
現実世界で既に死んでたら、いくらゲームで蘇生しても生き返るはずもないですから。
それにしても、名前で嫌な予感はしてたんですが、「ニコラス」は酷かったw
あれ、キリスト教圏の人たちはどう思うんでしょうね?


今回は話も面白かったし、1話以来のクラインが出てきてよかったです。
話が飛び飛びなのも思ってたほど気にならないし、今後もこんな調子でいって欲しいですね。

☆☆☆☆☆ すごい
好みのキャラ:クライン(良い人すぎる……)

スポンサーサイト

テーマ:ソードアート・オンライン - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。