2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」感想

◆あらすじ
私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。
阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、
小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介)

◆主題歌
OP:阿良々木月火(井口裕香)「白金ディスコ」
ED:ClariS「ナイショの話」

◆原作
講談社BOX 偽物語(上)(下)
※原作既読

◆公式サイト
偽物語 公式サイト



◆感想
最終回です。
それにしても何で11話なんだろう?

フェニックス
というかホトトギス?
不死身ってところを除いてあまりフェニックスっぽくないですね。
いや、転生がフェニックスっぽいところなのかな?

阿良々木月火
妹にキスw
乳揉んだり、キスしたり、歯磨きしたり、ほんと阿良々木さんはやりたい放題ですね。
まあ自分の中で月火が妹なのかどうかの確認のためのキス何でしょうけど、他に確かめる方法はなかったんでしょうかね?
阿良々木さんらしいといえば阿良々木さんらしいですが。

忍野忍
ロリ忍も可愛いけど、成長してもいいですね。
高校生くらいでしょうか。
旧キスショットレベルまでいくとちょっと好みから外れますが。
というか、偽物語は妹や新キャラなどいろいろいますが、一番良かったのは忍なんじゃないかと思う。

影縫余弦VS阿良々木暦
あー、チクったの貝木でしたか。
かれんビーだけじゃなく、つきひフェニックスでも黒幕ってことですね。
それはそれとして、余弦の「己の考えを押し付けるな」って台詞、お前が言うな言いたい
関係者の意見を聞いてないのは余弦の方も同じですから。
まあ月火の正体をばらして回られても、それはそれで迷惑ですけど。
あと、戦闘は意外と盛り上がりませんでしたね。

斧乃木余接VS忍野忍
大きい口きいておきながらあっけなく負けちゃう余接が意外と可愛かったw

つきひフェニックスの締めは感動するほど面白かったわけではなかったのですが、かれんビーの最後みたいにガッカリってこともなく、綺麗にまとめていた感じでした。
しかしサブタイトルに名前が付いていながら、火憐も月火も結構カヤの外でしたね。
まあ正ヒロイン(?)のガハラさんよりマシですが。
最後に思い出したように登場しても遅いw
逆に目立っていたのは忍と貝木でしょうか。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:忍野忍
 
スポンサーサイト

テーマ:偽物語 - ジャンル:アニメ・コミック

偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」第10話「つきひフェニックス 其ノ參」感想

◆あらすじ
私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。
阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、
小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介)

◆主題歌
OP:阿良々木月火(井口裕香)「白金ディスコ」
ED:ClariS「ナイショの話」

◆原作
講談社BOX 偽物語(上)(下)
※原作既読

◆公式サイト
偽物語 公式サイト



◆第9話感想
前回感想書けなかったので、9話もまとめて書きます。
まとめてなので、少し短め。

しかし火憐ちゃんすげーな。
兄を肩車するためだけに髪を切ってしまうとは……。
髪を切った火憐はなんとなく化の頃の神原に似てる気がする。
まあショートでボーイッシュなキャラってだけなんだけど。

あと9話は新キャラ2人登場しました。
影縫余弦と斧乃木余接。
前者は割とイメージ通りなんですが、後者はこんなだったんですね。
口癖は思ってた以上にウザかったですw

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:八九寺真宵

◆第10話感想
続いて第10話。

確かにこれは鬼畜の兄ちゃんですw
妹を全裸にして、ついでに胸まで揉んでしまうなんて。
つーか、相変わらずエロいな……。

今回は忍回かな。
ドーナツを選んでいる忍が可愛かった。
ドーナツを食べてる忍も可愛かった。

まさかの貝木再登場。
まだこの町にいたんですね。
というか、ドーナツなんか食べるんですね。
貝木から影縫余弦と斧乃木余接の情報を仕入れます。

家に帰ったらその2人が。
暦&忍を退治しに来たのかと思いきや、ターゲットは月火のようです。
いや、まあ「つきひフェニックス」というタイトルでまるわかりなんですけどね。
斧乃木余接の攻撃で上半身吹っ飛ばされた月火ですが、すぐに回復。
さすが不死身の怪異。
この場は忍の機転で事なきを得ましたが、次週が楽しみな終わり方ですね。

☆☆☆☆☆ すごい
好みのキャラ:忍野忍
 

テーマ:偽物語 - ジャンル:アニメ・コミック

偽物語 第8話「つきひフェニックス 其ノ壹」

◆あらすじ
私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。
阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、
小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介)

◆主題歌
OP:阿良々木月火(井口裕香)「白金ディスコ」
ED:ClariS「ナイショの話」

◆原作
講談社BOX 偽物語(上)(下)
※原作既読

◆公式サイト
偽物語 公式サイト



◆感想
うわあ、これまた何の動きもない回に戻りましたね……。
でも先週みたいなのよりはずっと面白い。
理想はストーリーも会話も面白いなんですけどね。

阿良々木月火
阿良々木月火の正体とは?
私は原作既読ですが、普通に考えたらフェニックスですよね。
ガハラさんは蟹(に体重を奪われた)、八九寺はカタツムリ、神原は猿(ではなくて悪魔でしたが)、撫子はヘビ(に呪われただけ)、羽川さんは猫。
あれ、結構サブタイトル=本人の正体って人少ない?

OP
OPが月火バージョンに変わりました。
髪型とかいろいろ変化してるけど、よく髪型変える子なのだろうか。
曲はちょっと和風入った撫子OPみたいな感じかな。
火憐も会わせて新しいOPを聞き慣れてないだけかもしれませんが、個人的にはOPは化物語の方が好みです。

阿良々木火憐
月火フェニックスなのに今回は火憐回でした。
まあ火憐もかれんビーのときには出番少なかったんですけどね。
しかし火憐、滅茶苦茶懐きましたね。
元々ブラコンぽいところはありましたが、今回はブラコンでは片づけられないところまで来たような……。
歯磨きは前評判通りエロかったですw

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:阿良々木火憐
 

テーマ:偽物語 - ジャンル:アニメ・コミック

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」感想

◆あらすじ
私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。
阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、
小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介)

◆主題歌
OP:阿良々木火憐(喜多村英梨)「marshmallow justice」
ED:ClariS「ナイショの話」

◆原作
講談社BOX 偽物語(上)(下)
※原作既読

◆公式サイト
偽物語 公式サイト



◆感想
今回はちょっといまいちな話でした。
ここまでじっくりやってきたのに悪い意味で急展開って感じがします。

阿良々木暦VS阿良々木火憐
あれ、一話分飛ばしてしまった?ってくらい唐突に火憐と戦っています。
先週あのあと即行で見つけたんですね。
しかし、それにしても火憐強すぎ。
暦を何十mもふっとばした挙句、高架道路を破壊してしまうとか、猿入った神原より強いでしょ。
怪異の助けがあるどころか、怪異によって弱ってるはずなのにこれはない。
さすがにあれはイメージ映像ですよね?

阿良々木暦&戦場ヶ原ひたぎVS貝木泥舟
なんとか火憐を説得した暦ですが、その後予定通りガハラさんと一緒に貝木と対決に。
ここも唐突な場面転換と言う感じがします。
一瞬だけ文字で状況表示するだけじゃなく、もう少し丁寧に説明してほしい。
しかし前半の火憐とのバトルと違い、こっちは地味でした。
というかバトルにならずに話だけで終わり。
火憐とのバトルを派手にした理由はこちらが地味だから?
まあ詐欺師との対決で口論で勝負は当然の流れかもしれませんが、内容もちょっとモヤモヤします。
ハッキリ決着がついたわけではなく、貝木は都合が悪くなったので場所を変えて悪事を働くだけといった感じ。
最後に爆弾発言残していくところがさすがに嫌な奴ですね。
それくらいでは二人は揺るがなかったみたいですが。

※追記
最初突然火憐と戦っていたように思えたのは序盤でレコーダーの自動チャプターが乱れてたからでした。
巻き戻したらちゃんと前振りありましたね。

☆☆☆★★ 普通
好みのキャラ:阿良々木火憐
 

テーマ:偽物語 - ジャンル:アニメ・コミック

偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」感想

◆あらすじ
私立直江津高校の周辺に出没する「怪異」に絡む『化物語』の後日談。
阿良々木暦の大きい方の妹・阿良々木火憐と、
小さい方の妹・阿良々木月火の物語。(公式・作品紹介)

◆主題歌
OP:阿良々木火憐(喜多村英梨)「marshmallow justice」
ED:ClariS「ナイショの話」

◆原作
講談社BOX 偽物語(上)(下)
※原作既読

◆公式サイト
偽物語 公式サイト



◆感想
あれ、エロは?

八九寺真宵
まさかの再登場。
しかもセクハラがなかったことにダメだしw
あれは阿良々木の一方的な悪戯かと思ってましたが、あれでちゃんとコミュニケーション取れてたんですね。
噛みましたもなし。
なにやら大人について語ってましたが、私も前回の感想で大人について少し触れてますね。
今回その話をすればよかった……。

戦場ヶ原ひたぎ
鉛筆を積み重ねたりはいつものシャフト演出と思って流せますが、戦場ヶ原さんの変なポーズはちょっと気になりましたw
話はガハラさんの過去の補足と誰が貝木と対決に行くか。
結局二人で会いに行くことに。
あと、ガハラさん羽川に対して弱すぎw
さすがに冗談だと思いますが。
……いや、冗談半分、本気半分か?

忍野忍
ガハラさんちから帰ってくると火憐がいなくなっていました。
これは囲い火蜂の毒を半分引き受けたのが裏目に出たか?
急いで探しに出ますが、ここで忍が助けに来てくれます。
少々ツンデレ風味?ですが。
良い子ですね。
作中最年長ですけど。

しかし、今回エロだけでなく火憐成分も少なかったなぁ。
かれんビーなのにw
面白いから良いんですけどね。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:忍野忍
 

テーマ:偽物語 - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。