2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第17話「第八の契約」感想

◆あらすじ
徐々に脱落者が増え、大きく進展する聖杯戦争。
頂点を極める緊張感は、残る者たちそれぞれの胸中を改めて見直させる。
そして、家族への遺言を残す者…。秘密裏に接触を謀る者…。
その中で、セイバーたちも、意外な人物からの申し出を受けることになる。
それぞれの思惑は、聖杯戦争を更に佳境へと推し進める。

◆主題歌
OP:Kalafina 「to the beginning」
ED:春奈るな「空は高く風は歌う」

◆原作
TYPE-MOON Fate/Zero 1~4巻(同人扱い)
星海社 Fate/Zero 1~6巻
※原作既読

◆公式サイト
Fate/Zero-アニメ公式サイト



◆感想
大きな動きは一つだけのつなぎの回でしたか。

セイバー陣営×アーチャー陣営
時臣からセイバー陣営へ共闘の誘い。
アイリは舐められてるといってましたが、エクスカリバーの威力を見てなお舐められるというのも凄い。
まあそれはアーチャーのアレがあってこそなのかもしれませんが。
結局は共闘せず、倒すべき敵に優先順位をつけることで合意ということになったみたいですけどね。
そのための条件がライダー陣営の情報と綺礼の戦線離脱。
結構な条件を引き出しましたね。

バイク
意外にも切嗣からセイバーへの贈り物w
まあ勝利のために第4次聖杯戦争開始前から用意していただけなんでしょうけど。
しかし、アーチャーの謎飛行機やライダーのゴルディアスホイールに比べると少し見劣りしないかな?
バーサーカーの宝具戦闘機は使い捨てだろうけど。

アーチャー+綺礼
相変わらず綺礼を誘う悪魔みたいなアーチャーですが、今回は最初から腹は決まっていたみたいですね。
どちらかというと悪者二人みたいな感じです。
しかし令呪いっぱいでズルいような気もしますが、サーバントがギルガメッシュだと使い時がなさそうな気もします。

綺礼VS時臣
凛のときも思いましたが、死亡フラグ通り越して遺言そのままのような……。
凛のことを綺礼に託すような台詞を吐く時臣ですが、予想通り殺されちゃいました。
これはせっかく結んだセイバー陣営との同盟も無意味になってしまいましたね。
それにしても後半に入って毎回誰か死んでますね。
今から思うと前半は戦争という割にはぬるかったのかもしれません(面白さは別ですが)。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:遠坂凛
 
スポンサーサイト

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 第16話「栄誉の果て」感想

◆あらすじ
キャスター討伐の褒賞として令呪を得ることに成功したケイネス。
これにより、再び聖杯戦争への復帰が叶う―そう思ったのもつかの間、何者かによってソラウを人質にとられた事を知り、激しくランサーを罵倒する。
主ケイネスに忠誠を誓い、騎士道を貫こうとすればするほど深まる溝にランサーは絶望する

◆主題歌
OP:Kalafina 「to the beginning」
ED:春奈るな「空は高く風は歌う」

◆原作
TYPE-MOON Fate/Zero 1~4巻(同人扱い)
星海社 Fate/Zero 1~6巻
※原作既読

◆公式サイト
Fate/Zero-アニメ公式サイト



◆感想
今日はたくさん死んだな……。
後半入ってから展開早いですね。

ケイネス&璃正
ケイネスがいろいろ理屈こねて令呪を受け取ってから璃正を殺してしまいました。
時臣と組んでなにやら画策しているわりには警戒心が薄いですね。
あっさりやられ過ぎな気がするんですが……。

舞弥VSソラウ
VSというか、不意打ちで一方的に誘拐しただけなんですけどね。
なんでランサーがそばにいないのかと思ったけど、この頃はまだキャスター退治から戻ってないんでしょうか?

ランサー&ケイネス
ソラウが誘拐されて険悪な雰囲気。
ランサーも気の毒ですが、ケイネスも気の毒。
黒子の魔力が悪いのかもしれませんが……いっそ、仮面でもかぶった方がいいんじゃないでしょうか?
ランサーのイケメンが見られないのはもったいないですが。

セイバーVSランサー
悪いこと続きのランサーにとって、正々堂々と戦うセイバーとの対決は一服の清涼剤なのかもしれません。
奈須きのこさんのコメントにある青春☆イケメン大勝利活劇ものには吹きましたがw

切嗣VSケイネス
けど残念、虚淵原作でしたww
切嗣さすが汚いw
この戦い方ならサーヴァントとしての性能に天地の差があったとしても、アサシン獲得してた方が強いんじゃないかと思えてきた。

切嗣VSセイバー
セイバーが怒るのも当たり前なんですけどね。
切嗣の言い分にも一理ある。
もっとぶつかり合った方が良いのかもしれないんですけど、切嗣にはそのつもりはないみたいですね。

☆☆☆☆☆ すごい
好みのキャラ:衛宮切嗣
 

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 第15話「黄金の輝き」感想

◆あらすじ
キャスターが召喚した悪しき海魔と戦う英霊たち。
その裏でもう一人、命を懸ける男がいた。間桐雁夜は遠坂葵や間桐桜の悲しみを生み出す原因になった「魔術」そのものに対する憎悪を遠坂時臣にぶつける。
目の前の敵と対峙し、己が信念を貫くとき、それぞれの戦いに見えるものは……。

◆主題歌
OP:Kalafina 「to the beginning」
ED:春奈るな「空は高く風は歌う」

◆原作
TYPE-MOON Fate/Zero 1~4巻(同人扱い)
星海社 Fate/Zero 1~6巻
※原作既読

◆公式サイト
Fate/Zero-アニメ公式サイト



◆感想
キャスター戦決着。
今回も面白かった!
ちょっとだけネットで見かけたことがあるジャンヌが出てきたのは良かったですね。

キャスターVS他
いくらダメージを与えてもすぐに回復してしまう海魔。
キリがないのでとりあえずライダーの固有結界に閉じ込めて時間稼ぎをして、その間に他のみんなで何か考えようということに。
そのときアイリの携帯が鳴って、切嗣がランサーにやられたセイバーの傷が治ればなんとかなるようなことを漏らします。
まあ確かにそれしか方法はないんですが、自陣営が有利になることを承知で漏らしたことが透けて見えますね。
さすが切嗣汚いw
それにしてもランサーは槍を折るためだけにここにいたんですか?
前期はあんなにイケメンだったのに……。
いやまあ、迷いなく自分の槍を折ったのはある意味カッコイイですが。

バーサーカーVSアーチャー+ランサー
アーチャーの純正飛行宝具とバーサーカーの宝具化した戦闘機ではやや前者の方が優勢?
しかしバーサーカーは途中からセイバーに狙いを変えた様子。
それが気に食わないアーチャーはバーサーカーに追いすがりますが、何やら最後っ屁みたいな攻撃にやられます。
また油断ですか? さすが慢心王ww
しかしセイバーを邪魔するバーサーカーもランサーに撃退されます。
ようやくランサー活躍しましたね。

時臣VS雁夜
雁夜の攻撃はまったく通じず、逆に時臣は一撃で雁夜を退けました。
やはり正式な魔術師ではない雁夜は一段劣るのか、それとも時臣が魔術師として優秀なのか……。
たぶん両方なのでしょうね。
やられた雁夜は綺礼にとどめを刺されそうになりますが、アーチャーの助言(?)を思い出した綺礼はとどめをさすのをやめ、助けることに。

エクスカリバー
傷も治り、バーサーカーの邪魔もなくなったので、セイバーは海魔に向けてエクスカリバーを放ちます。
さすがエクスカリバー強いっすw
でもそんなセイバーのカッコよさより、そのあとのアーチャーとライダーの会話の方が興味深かった。

☆☆☆☆☆ すごい
好みのキャラ:ライダー
 

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 第14話「未遠川血戦」感想

◆あらすじ
キャスターが召喚した巨大な海魔。新たな魔力源を得る前に排除しなければ、聖杯戦争の破綻どころか、冬木の、世界の危機となってしまう。
ライダーの呼びかけによって、共闘することになったセイバー、ランサーら三人の英霊たち。しかし、無限再生を繰り返す不死の怪物を前に、セイバー達は苦戦を強いられる。

◆主題歌
OP:Kalafina 「to the beginning」
ED:春奈るな「空は高く風は歌う」

◆原作
TYPE-MOON Fate/Zero 1~4巻(同人扱い)
星海社 Fate/Zero 1~6巻
※原作既読

◆公式サイト
Fate/Zero-アニメ公式サイト


◆感想
ようやく2期……というか分割2クールなので後半?が始まりました。
相変わらずクオリティ高いです。
でも、ちょっとだけCGが浮いてたかな?

キャスターVSセイバー、ライダー、アーチャー、ランサー?、自衛隊
キャスターの召喚した巨大海魔、CG全開でリアルな感じがキモいw
セイバーやライダーがチクチク攻撃してもすぐ回復してしまう強敵。
ていうか、こういう時こそ必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)が役に立つと思うのですが、ランサーは何をしていたのでしょうか?
現場には来ていたみたいですが……飛んだり、水の上を歩いたりできないとか?
アーチャーは微妙にやる気ありません。
自衛隊は冒頭で自ら言ってたようにやられ役だしw
でも、動き始めるのは早かったですね。
ステイナイトが発売年という舞台設定だとしたら、その10年前って阪神大震災より前ですよね?
大規模に動かすのでなければ可能なのかな。

アーチャーVSバーサーカー
途中からバーサーカーも参戦しますが、海魔は眼中にない様子。
自衛隊の戦闘機を乗っ取ってアーチャー狙いです。
空中戦はなかなかよかったです。
特に宝具化した黒い戦闘機が格好いい。

時臣VS雁夜
何故臓硯に桜を預けたのかと攻める雁夜。
時臣は魔術師の才能を残すためと言いますが、臓硯のやってることを知ってて言ってるのかな?
ある意味子供のことを思っての行動ではあるわけですが。

雨生龍之介
奇襲されたと思ったら、やっぱり切嗣ですか。
アサシンよりアサシンとして役に立ってるw
龍之介は最後まで変態でした。

☆☆☆☆★ 良い(CGが気にならなかったら☆5つでもよかった)
好みのキャラ:バーサーカーがカッコよかった。
 

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

Fate/Zero 第13話「禁断の狂宴」感想

◆あらすじ
ライダーを連れて町に出たウェイバー。
書店に入った彼は、ライダーの一生が書かれた伝記を手に取り、
ライダーが東の果てをめざした理由を知る。
一方、徹底的に破壊された工房に戻っていたキャスターと龍之介。
龍之介との会話から新たな啓示を得たキャスターは、狂気に駆られるまま、
ある魔術を行使しようとしていた。

◆主題歌
OP:LiSA「oath sign」
ED:藍井エイル 「MEMORIA」

◆原作
TYPE-MOON Fate/Zero 1~4巻(同人扱い)
星海社 Fate/Zero 1~6巻
※原作既読

◆公式サイト
Fate/Zero-アニメ公式サイト



◆感想
日常回?と思ってたら最後でかいのが来ましたね。
いろんな意味で。
基本的にはライダー組とキャスター組が中心の話でした。
前半の終わりなのに……主人公組はどうしたwww
もうライダー組主人公でいいですねw

ライダー&ウェイバー
町へ繰り出す話。
あと、ちょっとライダーの過去に触れてます。
ウェイバーが少し卑屈な物言いをしますが、ライダーはそれをバカにしたりせず、かといって安易に否定したりもしません。
こういうところも器が大きいです。
何度も言ってるかもしれませんが、二人の関係は父子みたいですね。
偉大な父親と、それにコンプレックスを持っている子供。

キャスター&龍之介
キ○ガイとキ○ガイの共演。
いや、タイトル的に狂宴ですか?
「人間のやることかよlぉ!」はいったい何人の視聴者がつっこんだのでしょう?ww
それにしてもキャスターは龍之介の宗教観(?)に、いたく感激していたようですね。
「神は善も悪も等しく愛している」と簡潔に書いてしまえばまともなことを言ってるようですが、どうしてこうなってしまうのか……。

最後はとんでもないものを召喚してしまいましたねw
巨大海魔。
思ってたよりでかいですね……。
100mくらいあるのかな?

しかし、切りよく追われるところなんてあったっけ?と思ってましたが、こんなところで切りますか。
このまま3ヵ月以上待たないといけないのは酷いw
 

☆☆☆☆★ よい
好みのキャラ:ライダー

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。