FC2ブログ

2020-09

Latest Entries

STEINS;GATE 第14話「形而下のネクローシス」感想

◆あらすじ 
まゆりの命を救うため、タイムリープを繰り返す岡部。だが、どれだけ試みようと、「まゆりの死」という結果は変わらなかった。岡部は萌郁たちの襲撃自体を回避することができないか、と考え、タイムマシンの新情報を入手した、というメールを餌に萌郁を呼び出す。...

◆主題歌
OP:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
ED:ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」

◆原作
5pb.×ニトロプラス 空想科学ADV『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』
※原作既プレイ

◆公式サイト
TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト



◆感想
ここのところシュタゲがずっと面白い。
まゆしぃが死んでからが評価の分かれ目と思ってたけど、この辺りでクオリティが下がらなくて良かった。
しばらくは安心して見ていられそうです。
今回は説明多い回でしたが、わりと分かりやすく説明してくれたし、動きもあったので気になりませんでした。
引きも良かったし。

序盤はまゆしぃ死にまくり。
中にはゲルまゆもありましたね。
あれは原作やった時には結構ショックだったなぁ……。
でもここは駆け足で進むと予想はしてました。

ちょっと残念なのは萌郁を脅すところが意外とあっさりしていたこと。
といっても、あそこは別にいろいろなことが起きたわけではないから、普通に動かしたらあんなものかも。
未来ガジェット……何号だっけ? テレビのリモコンもちょっと出て来ましたね。
伏線回収もあっさり。

後半はいろいろあって疲弊したオカリンがクリスに相談。
@ちゃんねらー発覚後は開き直ってるのか、ダル程じゃないにしても会話中に@ちゃんねる語が出てますねw
今回はクリスがちょっと可愛かった。
呼び方を気にするところとか、オカリンの真似とか、「タイムリープマシンを開発したのは私なのだぜ」とか。

ラストはとうとうバイト戦士の正体が明かされましたね。
ネットを見る限りわりと予想されてはいましたが、自分は原作プレイ時は微塵も気付きませんでしたw

☆☆☆☆★ 良い (☆5つにちかい4つ)
好みのキャラ:クリス
 

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック

STEINS;GATE 第13話「形而上のネクローシス」感想

◆あらすじ   
 ラボを強襲してきた萌郁の凶弾に倒れたまゆり。最悪の事態を前にして身動きが取れない岡部たちだったが、そこに姿を消したはずの鈴羽が現れる。素早い動きで襲撃者たちを次々と倒した彼女は、「42」「ブラウン管」「点灯済み」とつぶやく。それを聞いた紅莉栖は完成したばかりのタイムリープマシンを起動させ、岡部は過去へ時間を巻き戻すべく叫んだ――...

◆主題歌
OP:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
ED:ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」

◆原作
5pb.×ニトロプラス 空想科学ADV『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』
※原作既プレイ

◆公式サイト
TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト



◆感想
前回萌郁によって殺されたまゆり。
他の三人もSERNに拉致されそうに……。
そこに入った助けは鈴羽でした。
そりゃそうですよね。
散々戦士とか言いながらあのまま逃げてたら、鈴羽臆病モノか悪モノですからw
あ、でも鈴羽は助けに来たけど、退くときは退くのも戦士なのかな?
で、鈴羽の助けを借りてオカリンはまゆしぃを救うために過去へ。

まゆしぃの祖母が死んだときの回想。
子供の頃のオカリンマジイケメン。
しかし現在は決して造形は悪くないがフケ顔の18歳。
どうしてこうなったw
レンブラント光線とかは何かもやっとしててそれっぽく見えなかったかな。

過去に戻ったオカリンはまゆしぃを探すため街中をさまよう。
やっと見つけて逃げようとするけど、電車はストップ。
結局また萌郁に見つかってしまい、まゆしぃは車にひかれて死亡。
またタイムリープして、今度は効率よく逃げ出そうとしますが、今度は幼女に押されて地下鉄にひかれて死亡。

今回もすごく面白かったです。
でも感想書きにくい……。
なんかあらすじと面白いくらいしか書くことがない……。
面白いですけど、ひょっとしたら新番組始まったらシュタゲ感想やめて別の感想に移るかも。

☆☆☆☆☆
 すごい
好みのキャラ:オカリン、まゆしぃ
 

テーマ:Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル:アニメ・コミック

STEINS;GATE 第12話「静止限界のドグマ」感想

◆あらすじ  
 7000万年前の荒野に時間跳躍する夢を見た岡部。白昼夢のような奇妙な感覚から目を覚ますと、まゆりが泊まり込みで制作していたコスプレ衣装、そして紅莉栖のタイムリープマシンが完成を迎えていた。...

◆主題歌
OP:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
ED:ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」

◆原作
5pb.×ニトロプラス 空想科学ADV『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』
※原作既プレイ

◆公式サイト
TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト



◆感想
冒頭の7000万年前にタイムトラベルする夢。
これは今回ラストの伏線?暗示?みたいなものかな……。
原作プレイ済みですが、それくらいのことしか思いつきません。
何で7000万年前何だろう?

タイムリープマシン完成しました。
でも実験は原理的に実際に人間が体験してみなくてはならないということで中止。
しかるべき研究機関へ委譲することに。
まあ散々ゼリーマンリポートとか見て来ましたからね。
構造的にゼリーマン化する心配はないとはいえ、別の何らかのトラブルはあるかもしれないから躊躇するのは当然です。
でも公表して他の研究機関に譲渡するにしても、こんな荒唐無稽なことを信用してもらえるんでしょうか?
SERNってことはないでしょうし。

それはともかく、完成祝いのパーティをすることに。
クリスがやる気だw
グレープフルーツのサラダと言ってたかな?
じゃあグレープフルーツと納豆をサラダに入れるのか……トンでもないものができそうだw
ラボに帰ってくるとダルがピザをつまみ食いしてました。
しかもピザは全部同じ種類。
なんかパーティなのに食べ物が悲惨なことになってそう。
やっぱりルカ子がいないとダメなのか……。

パーティにやってくる鈴羽。
そしてやっぱりクリスと険悪な感じに。
仲裁に入ったオカリンは役に立たなかったけど、まゆしぃのおかげでなんとかなりました。
ゲームのときは仲直りってわけじゃないけど、クリスの方から歩み寄ってましたね。
突っかかってくる鈴羽に反応してるだけで、特に根が深いものがあるわけではないぶんクリスの方から手を差し出すのは自然かな

で、ラスト。
ラボに押し入る謎の仮面の集団と閃光の指圧師。
原作では仮面とかなかったと思うのですが、悪者っぽさを演出したかったんでしょうか?
でも萌郁は仮面してませんでしたね。
そして、撃たれたまゆしぃ……。
ここで引っ張るしかないってところで終わりました。
次回が楽しみです。

今回はクリスよりまゆしぃの方が目立ってましたね。
作画も心なしか気合入ってた気がします。
アニメでアップになると結構あらが目立つと思うんですけど、まゆしぃは良かった。
オカリンのアップは変な顔でしたがw

☆☆☆☆☆ すごい
好みのキャラ:まゆしぃ、ダル
 

テーマ:Steins;Gate - ジャンル:アニメ・コミック

STEINS;GATE 第11話「時空境界のドグマ」感想

◆あらすじ 
 岡部はDメール実験をするために、鈴羽に天王寺の目を引きつけてほしいと頼む。彼の目論みは失敗に終わるが、ブラウン管工房にある42型ブラウン管こそが「電話レンジ(仮)」によるDメール送信の鍵であると判明した。...

◆主題歌
OP:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
ED:ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」

◆原作
5pb.×ニトロプラス 空想科学ADV『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』
※原作既プレイ

◆公式サイト
TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト



◆感想
またちょっと作画が崩れてたかな?
まあ気にするほどではなかったですけど。

色仕掛け?
どう見ても実力行使です。
いや、色仕掛けされてるのは視聴者の方か?
それならあながち間違ってわいないのかもw
スパッツとタンクトップ(でいいのかな?)姿の鈴羽いいですね。
特に突っ込んでいくとき突き出している尻がエロい。

タイムリープ。
この作品タイムトラベルとタイムリープを区別してるんですね。
ラノベに「タイム・リープ あしたはきのう」という作品があるのですが、これがシュタゲと同じように頭の中だけの時間移動をタイムリープと呼んでいます。
こういう定義で呼び方を区別している作品ってあまり見かけませんね。
まあタイムリープの「リープ」とは跳躍の意味ですから、タイムトラベルやタイムスリップなどと元から意味が違うということではなく、便宜上付けられた区別なんでしょうけど。

脅迫メール。
2度目ですね。
今度は血ぬられた人形?
前回のゼリーはゼリーマンの暗喩でしょうけど、今回はなんでしょう?
あまり鼻を突っ込むと殺すぞってことかな。

シャワー。
今回あるんじゃないかって予想をどこかで見ましたが、やっぱりありましたねw
でもどちらかというと鈴羽の方が色っぽかったような……。

今回は結構お色気回でしたね。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:阿万音鈴羽
 

テーマ:Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル:アニメ・コミック

STEINS;GATE 第10話「相生のホメオスタシス」感想

◆あらすじ
フェイリスが送ったDメールによって、秋葉原の街から「萌え」が消え去ってしまった。しかし、メイクイーン+ニャン2がなくなっていても、岡部たちはフェイリスと知り合っており、彼らの人間関係に大きな変化はなかった。...

◆主題歌
OP:いとうかなこ「Hacking to the Gate」
ED:ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)「刻司ル十二ノ盟約」

◆原作
5pb.×ニトロプラス 空想科学ADV『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』
※原作既プレイ

◆公式サイト
TVアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』公式サイト



◆感想
パンパン
ルカ子「きゃっ!!」
オカリン「おまえ女だろ!!」
ぽかっ
オカリン「なっ、なにするんだ!?」
助手「パンパンすなっ!!!」

というシーンが頭の中に……。
深夜アニメとは言え女の股間を触るなんて大丈夫かなぁ?と思ったけど、ドラゴンボールなんてゴールデンタイムで堂々と触ってましたね。
ルカ子の股間を触ったオカリンは正座w

しびれた足でふらふらになって二階から下りてくると、いつものように鈴羽が。
鈴羽は父親を捜しに来たらしい。
Dメールを使うことやお別れ会を提案したり、オカリンはたまにこういう優しい一面を見せてくれますね。
何も取り柄がないことを「優しい」と称する恋愛モノ主人公に見習わせたいくらいです。

結局父親に会えなかった鈴羽はお別れ会に現れず去って行くことに。
オカリンはDメールを使うことを決意。
過去は改変され、鈴羽はまたしばらくいることになりました。
最後の方さりげなく重要な伏線がありましたね……そんなにさりげなくでもないかな?

今回も面白かったですが、ちょっとつなぎがぎこちないところがあったかも。
股間触られたルカ子が後日平然とラボにいたりとか。
あの辺り原作ではどうだったかな?

ところで「相生のホメオスタシス」って「そうせいのホメオスタシス」でいいのでしょうか。
「あいおい」じゃないですよね?

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:阿万音鈴羽
  an>

テーマ:Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR