2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラクタル 第7話「虚飾の街」感想

◆あらすじ
水探しの途中ではぐれてしまったクレインとネッサ。ミーガンというドッペルに助けられたクレインは完全都市「ザナドゥ」へとやってくる。ザナドゥはフラクタルシステムがまだ完全に機能している街。そこでクレインは何者かから妨害を受け高熱にうなされるネッサを発見する。エンリ達はゲイルという人物に出会いクレイン達を探してもらうが……。

◆主題歌
OP:AZUMA HITOM「ハリネズミ」
ED:AZUMA HITOMI「Down By The Salley Gardens」

◆原作
オリジナル

◆公式サイト
フラクタル - FRACTALE - 公式サイト



◆感想
前回のフラクタルシステムの疑問について少し触れてましたね。
ソリッドオブジェクトエアオブジェクト
ネッサとかが触れることができるのは信号を送って実物と認識させるソリッドオブジェクトだからということですね。
でも前回の谷に落ちた人はそれでは説明できませんね。
いくら信号を送っても実物と認識するだけで物理法則を変えるわけじゃないから、そんなところで生活できるわけがないですからね。
やっぱり正規のシステムじゃなかったから座標がずれていたとかでしょうか。
ネッサが解除してしまった(?)ザナドゥも元になる町(廃墟っぽかったけど)はありましたからね。

ザナドゥは完全にフラクタルシステムが機能している唯一の町という設定ですが、フラクタルが電波によって送信されているとして、その送信元が僧院でしょうか。
だとすると僧院から逃げているグラニッツ一家が電波の届かなくなっている地域に行った前回は納得できるのですが、そのすぐ後に完璧に受信しているザナドゥに来るというのはどういう展開なんでしょう?
よくわかりません。

そうそう、今回登場してきたミーガン。
中の人は豊崎愛生さんなんですね。
こんな声も出せたんだ……。
むしろ花澤さん演じるネッサの方が本来の豊崎さんのような声ですね。 ←最初勘違いした

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:エンリ
 
スポンサーサイト

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック

フラクタル 第6話「最果ての町」感想

◆あらすじ
ぎこちなくもネッサと分かり合えたフリュネ。クレインも大爺になんとか認められ、ダナンに触ることが許された。
そんな中ダナンのメンテナンスの為立ち寄った場所は、バルーンが落ちフラクタルの加護を失った圏外難民たちがさまよう土地だった。
フラクタルシステムの現状を目の当たりにしたクレインは、ヴィンテージカメラを持った怪しげな男と知り合う。友達になりたいというクレインに男は「とっておきの物」を見せてやると言い―

◆主題歌
OP:AZUMA HITOM「ハリネズミ」
ED:AZUMA HITOMI「Down By The Salley Gardens」

◆原作
オリジナル

◆公式サイト
フラクタル - FRACTALE - 公式サイト



◆感想
フラクタルのシステムがどういうものなのか分からなくなってきました。
町の幻に隠れた谷に落ちた人がいましたよね。
ということはやっぱりフラクタルで実物を作ることはできなくて、実際に生きるために必要なものは現物をそろえる必要があるのでしょう。
しかしフラクタルは町全体を作り出していました。
元々の場所に建物はありません。
これでちゃんとした生活ができるのでしょうか?
建物の二階にあがったりとかは当然できないだろうし……というか、谷を隠すように町の幻を作るって酷くないですか?
正規のシステムではないから座標が狂っていて、本来なら現実の地形や建物と重なるように幻を作るはずだったってことですかね。

今回新キャラ登場したのですが、酷いキャラですね。
元の生活に戻れないようにして仲間に引き込むとか……。
フリュネはグラニッツ一家の方がよいと言ってましたが、結構感が鋭いですね。
しかしフリュネが言うと女の勘というより野生の勘という感じがするのはどうなんだろう……。

もう一人の新キャラ……というかゲストキャラ?
おっさんの方は今後出てこないのかな。
あの人はクレインの父ってことでOK?

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:エンリ
 

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック

フラクタル 第5話「旅路」感想

◆あらすじ
グラニッツ一家と共にダナンに乗る事になったクレインとフリュネ。
フリュネは人質としてだが、付録扱いのクレインにはイマイチ居場所がない。ただ乗りするわけにもいかず、艦の手伝いをするクレインだが初めての肉体労働に戸惑うばかり。
興味のあるヴィンテージの機械にも触らせてもらえないし、気配はあるものの姿を現さないネッサやはっきりしないフリュネにもやもやするクレイン。
そんな中ダナンに異常事態発生!?

◆主題歌
OP:AZUMA HITOM「ハリネズミ」
ED:AZUMA HITOMI「Down By The Salley Gardens」

◆原作
オリジナル

◆公式サイト
フラクタル - FRACTALE - 公式サイト



◆感想
先週休みだったので久しぶりにフラクタル見た気がする。
前回はわかりやすいところで終わってたので、話は問題なく覚えてましたが。

ネッサ普通に戻ってきましたね。
あのまま置き去りで、もっと後になって合流するのかと思ってました。
しかし、ドッペルってフラクタルに関係する産物なんですよね?
てことはネッサが簡単に戻ってくるってことは僧院にも簡単に見つかるってことでは……と思っていたら案の定見つかってました。
前回の村襲撃のときもとっくに見つかっていたらしいですし、案外僧院の探索能力高いですね。

それにしてもフラクタルはヒロインの魅力に乏しいような気がします。
無邪気すぎて周りに迷惑をかけまくるネッサも好きになれませんが、今回はフリュネがちょっと……。
何も話さないくせに「あなたは何も分かってない!」 という台詞には、クレイン同様なら話せよと思ってしまいました。
以前も似たような感じでクレインを平手打ちしたことがありましたよね。
大人びて見えますが、案外子供なのかも。
男の前で平気で着替えるところとかも子供っぽい。
そっちは世間知らずなだけかもしれませんが。

☆☆☆★★ 普通
好みのキャラ:エンリ
 

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック

フラクタル 第4話「出発」感想

◆あらすじ
星祭り会場に突然現れたフリュネ。スンダは襲撃を諦め、「世界の鍵」・フリュネを僧院側から誘拐する。それにより僧院から指名手配されてしまったグラニッツ一家は、フリュネを連れて村から離れる決断をする。
フリュネとの再会を喜ぶクレイン。もともとはフリュネの物だとネッサを返そうとするがフリュネはそれを拒絶してしまう。自分は嫌われているから……と。
そんなクレインに腹を立てるネッサ。フリュネの事が気になるクレインはネッサよりもフリュネを優先してしまって……。

◆主題歌
OP:AZUMA HITOM「ハリネズミ」
ED:AZUMA HITOMI「Down By The Salley Gardens」

◆原作
オリジナル

◆公式サイト
フラクタル - FRACTALE - 公式サイト



◆感想
星祭り会場で誘拐されるフリュネ。
結構重要そうなイベントっぽいですが、案外警備が杜撰なような……。
一般人がたくさん混じっているところでドンパチとか、お偉いさんが簡単に誘拐されるとかうかつすぎる。
テロリストとか存在するのに不用意な印象があります。

フリュネはネッサに嫌われてましたね。
本物(?)のネッサは慕ってるみたいでしたが、ドッペルといっても本体の情報をトレースとかはしてない模様。
最初から何も知らない子供みたいな反応でしたから、初期状態ってことなんでしょうか。
それにしても反応違いすぎて別人みたいですね。
クレインの両親のドッペルは親っぽかったので、そちらが普通なのかな。

しかし、何も説明せずに去って行きながら、自分の思い通りにいかないとひっぱたくというのはちょっと幻滅。
ネッサが嫌ったのもこういうところ?それとも嫉妬か。
まあ何か重要な理由があるのかもしれませんが。

その後村に帰った後、僧院からの追手が。
テロリストもアレですが、僧院もわりと好戦的ですね。
一応一般人には配慮しているみたいですが。
結局こんどはネッサと別れてフリュネやスンダ達と旅ってことですか。
このアニメ、フリュネとネッサ、どちらがヒロイン設定なんだろう?

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:エンリ
 

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック

フラクタル 第3話「グラニッツの村」感想

◆あらすじ
フリュネを追っていたエンリにネッサと共に捕らわれてしまったクレイン!連れてこられたのはフラクタルシステムに頼らない生活を送るロストミレニアムの人々が住むグラニッツ村だった―。旧時代のものがあふれるその村にビンテージ好きなクレインは興味津々、好奇心を抑えきれない。自分が今まで知らなかった世界がクレインの前に広がってゆく。リーダーのスンダはどうやらクレインがフリュネの行方を知っていると考えているよう。  
そんな中スンダ達はフラクタルシステムに大きく関係のある「星祭り」襲撃を企てていて…。

◆主題歌
OP:AZUMA HITOM「ハリネズミ」
ED:AZUMA HITOMI「Down By The Salley Gardens」

◆原作
オリジナル

◆公式サイト
フラクタル - FRACTALE - 公式サイト



◆感想
フラクタルシステムのこと、ドッペルのこと、旧時代のこと。
少しずつフラクタルの世界が分かってきた感じですね。
フラクタルシステムによって物質文明からデータ主体の世の中に変わっていった。
そのフラクタルシステムを取り仕切っているのが僧院ってことですかね?

しかし、グラニッツ村旧時代のものがあふれると言っても何でもあり過ぎのような……。
病院の描写は物質文明の不便さを強調してましたが、むしろあのレベルを保っていることが驚異的すぎる。
グラニッツ村の人々は脳内チップ(かどうかはわからんけど)を摘出しているんですよね?
そんな技術があるの?
フラクタルから情報を得られないってことは紙媒体で一から勉強してそこまでの医療技術を習得する専門家を育成したってことですよね。
農作物なんかも、少なくともコーヒー豆と料理に使っていた豆は自給自足してるみたいだし、他にもいろいろ作ってそう。
それを全部「村」レベルの人数でやってるってすごいを通り越して不可能なレベルのような気が……。
逆にフラクタルに頼っている人も不思議ですが。
こっちは全部工業生産で、あらゆる過程は全て機械が担当しているのでしょうか?
誰も働いていないってことそういうことなんでしょうけど。

捕まったクレインはテロリストって言ってましたが、何をおおげさな……って思ってたら本当にテロリストでしたw
星祭りの妨害では当たり前のように僧院の人たちを殺してました。
一般人も普通に巻き込まれてましたね。
まあ詳しい背景なんかはわからないので、どっちが悪いとかはまだ触れないでおきます。
しかし3話で人が死ぬのが流行りなんでしょうかw

その僧院の人たちの中にネッサそっくりの人が。
ドッペルではない本物のネッサなのでしょう。
そこにフリュネも現れてネッサ(本)が姉と呼びました。
確かに髪の色とか元の絵も、アニメで変わってからも一緒だし、それっぽいですね。

だんだん面白くなってきました。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:エンリ
 

テーマ:フラクタル - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。