2017-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月終了アニメ総評

 さあて、今回も順調に遅れました9月終了アニメ総評です。
9月終了なのにもう12月ですw
前回は次期アニメが始まる頃だったのでそれよりはましですが、今回の遅れもかなりのもの。
これからはこのようなことがないように・・・とは言わないでおきます。
多分無理なので。

最後まで見たアニメは6本。
かなり少ないです。
今やってるアニメは結構見てるんですけどね・・・。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんが主催する「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」に参加させていただきます。



◆アクセルワールド
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:25
好みのキャラ:アッシュローラー

高レベルで纏まっていて、最後まできっちり締めてくれた優等生。
ストーリーもラノベ原作にありがちな駆け足ではなく、2クールなのに4巻までしか進んでないじっくり型。
じっくり派の自分歓喜w
原作は2巻で切ってしまっていましたが、アニメの出来がこれだけ良いと続きが欲しくなってしまいます。
手放してしまったのは早計だったと、少し後悔。
欠点は特に見当たらないのですが、しいて言えば作品自体のパワーが飛びぬけたものではなかったかも。
「出来が良い」止まりで、「すごい」とまではいかなかった。

◆ココロコネクト
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:22
好みのキャラ:稲葉姫子

惜しい作品という印象。
ドッキリの問題や、主題歌の問題、アニメの評価と関係のないところで評判を落としてました。
まあアニメ自体も個人的には「惜しい」という評価。
これもかなりじっくり作ってくれてたみたいですが、3つ目のエピソードはちょっと展開が早かったかも。
次のエピソードが控えたまま終わっていたり、いろいろ中途半端なところがあっていろいろと惜しいです。
絵も原作の独特な塗りを表現しようとして、古臭いだけになってしまっているのが残念。
決して悪い作品ではないんですけどね。

◆じょしらく
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:25
好みのキャラ:暗落亭苦来

今期のダークホースはこの作品かも。
ギャグと日常モノのハイブリッドみたいな作品でしたが、どちらも好みに合ました。
方向性は違うけど、同じくギャグ+日常モノの「日常」は合わなかったんですが、こちらはかなり面白かったです。
たまにハズレ回もありましたが、各回3話のうち2話くらいはアタリでした。
オリジナルの街紹介の話はギャグ弱めでしたが、逆に言えばキャラの可愛さだけで安定していたともいえます。
しっかり話を分けて、原作の話を台無しにしなかったというのも評価できるオリジナルでした。

◆人類は衰退しました
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:27
好みのキャラ:妖精さん全般

今期のベスト。
期待していた作品が、期待通りに面白いとすごく嬉しいですよね。
もう妖精さんが可愛くて可愛くてww
妖精さんだらけ、妖精さんまみれだった9話は何度も見返してしまいましたw
あと「わたし」のモノローグも秀逸。
言葉の選び方にいちいちセンスが光ってるのもありますが、声優さんの功績によるところもかなり大きい。
これほどのはまり役はなかなか見つかるものではありません。

◆氷菓
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:5
演出:3
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:26
好みのキャラ:千反田える

スロースターターなところがありましたが、総合的にはかなりの良作でした。
特に長編エピソードはどれもラストの盛り上がりが半端ない。
序盤の短編が少し盛り上がらないところがちょっと残念。
ミステリとしては最高とはいわないまでも、アニメで見た中ではかなりの高レベル。
青春モノとしてはそれ以上の高レベルで、とても楽しめました。
欠点は上記のスロースターターなところと、演出が大げさでちょっとくどく感じられるところかな。

◆ゆるゆり♪♪
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
総合点:19
好みのキャラ:赤座あかり

いまいち1期より面白くなかったかも。
パワーダウンしているわけではないのですが、逆に悪乗りしすぎて評価下げたような・・・。
オリジナル部分がことごとく失敗している気がします。
あとひまさくパートが増えているのですが、原作では気にならなかった桜子のわがままがなぜか鼻につく。
これがメディアの違いというやつか・・・。



◆ベストキャラクター賞:わたし(人類は衰退しました)
本当は妖精さんにしたいのですが、特定のキャラとは言えないので「わたし」で。
作品の評でも触れましたが、台詞回しがすごく好みです。
基本常識人なのですが、ちょっぴり黒さが出てるところもいいですねw
これが真っ黒だとまた違ったキャラになってしまうのですが、さじ加減がちょうどいい。

◆ベストOP賞:パラダイム(ココロコネクト)
中の人のせいで途中から下ろされてしまいましたが、曲に罪はありません。
今期どころか今年でもベスト狙える名曲です。
次点ではじょしらくのOPも良かったです。

◆ベストED賞:ニッポン笑顔百景(じょしらく)
しいてあげるならEDはじょしらくのニッポン笑顔百景かなぁ・・・。
EDは特別素晴らしいものがありませんでした。
じょしらくは歌よりもSDキャラの動きが可愛かったので。

◆ベスト声優賞・男性:なし
特にありませんでした。

◆ベスト声優賞・女性:中原麻衣(人類は衰退しました)
こちらは文句なく中原さんで。
原作を知っているとどんな役でも役者でも最初は違和感があるものですが、このキャスティングに関してはそれすらなかった。
まさしくはまり役。


◆個人的な順位
1 人類は衰退しました
2 氷菓
3 じょしらく
4 アクセルワールド
5 ココロコネクト
6 ゆるゆり♪♪
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

6月終了アニメ総評

 うわあ……すっかり遅くなってしまいました。
もう6月終了アニメどころか9月終了アニメの総評を書かなくてはいけない時期ですよね。
急いで溜め録りしてある作品(夏色キセキ)を見ましたが、もうひとつ見てないアニメ(坂道のアポロン)があるんですよね。
まあ、そちらは諦めます。
最後まで見たアニメは7本。
継続は無しですが、Fate/Zeroを入れれば1本かな。

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんにまたおさそいを受けたので、今回も「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」に参加させていただきます。
というか、前期アニメの総評書いていないことに気付かせていただいて感謝してます。



◆咲-Saki-阿知賀編episodeofside-A
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4


総合点:24
好みのキャラ:園城寺怜

基本的に高レベルなんですが、全国大会始まるまでダイジェストで準決勝が1回戦で終わってるのはストーリー的にマイナス評価。
もう少し時期を遅らせて晩成戦を含めた2クールでやって欲しかったところですが、あまり原作者に負担をかけると本編咲-saki-が遅れてしまうかも?
ストーリーは残念なところがありましたが、演出など進化してる部分もあるので1期と同程度には好きです。
好きなキャラは圧倒的に怜。
後半は主人公誰?な作品でしたw

◆さんかれあ
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音:3
総合的な評価:4

総合点:21総合点:
好みのキャラ:散華礼弥

うみしょーはすぐ切ったんであまり期待してなかったのですが、思っていたよりも面白かった作品。
3話まではトップクラスに面白かったけど、後半やや失速した感じ。
それでも十分面白かったですが。
キャラクターは礼弥以外かわいいと思える娘がいなかったんで3で。
男性キャラは団一郎がいい味出していたんですが、主人公のネコミミがキモ・・・合わなかったので考慮せず。
男のネコミミはちょっと・・・。

◆つり球
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:3
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:26
好みのキャラ:ユキ

今期のダークホース。
前半のんびりのスロースターターでしたが、中盤からものすごい勢いで面白くなりました。
特に主人公であるユキの成長とラスボスとの戦い(釣り)がよかったです。
まさか釣りを題材にこんな熱い作品が生まれるとは思ってもみなかったですw
欠点を挙げれば絵になりますか。
独特のタッチは個人的にそれほど気にならなかったのですが、キャラデザ自体もイマイチ。

◆夏色キセキ
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4

総合点:24
好みのキャラ:花木優香

オール4の優等生。
しかし欠点はないけど特筆すべきところもないかも。
キャラクターは優香がやや好きってくらいで特に好きって娘はいなかったんですが、夏海・紗季と優香・凛子のペアや4人そろうと絵になるので、3ではなく4で。
内容はこの手のコメディにありがちなものを集めたような話で安定して面白かったのですが、逆にオリジナリティは少なく、突き抜けられなかった感じです。

◆這いよれ!ニャル子さん
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3

総合点:18
好みのキャラ:ニャル子


最初は勢いがあったんですけどね。
インパクトしかないので飽きるのが異様に早かったです。
話も詰め込み感だけが大きく、特に捻りもない話が続きます。
「どういうくだらないオチにしようか」というところだけは捻ってるんですが、捻るところ間違えてないでしょうか?
2期があるみたいですが、多分見ないです。

◆Fate/Zero 2ndシーズン
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:28
好みのキャラ:ライダー(征服王イスカンダル)


1期同様クオリティ高かったです。
2期に入って盛り上がるシーンが多くなり、内容的には大満足です。
中でもランサー組との決着や、アーチャーVSライダーは特によかったです。
あえて欠点を挙げれば盛り上がるシーンばかり多過ぎて緩急が乏しいところと、やっぱり1クール分間があいてしまったことでしょうかね。
1期の聖杯談義のような回があるとよかったのですが、切嗣の過去編がその代わりなのかな?
あれはあれでよかったのですが、声の変化が少し不自然でした。
小山力也さんのいい声が逆にあだになってしまいましたね。

◆めだかボックス
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

総合点:18
好みのキャラ:特になし


原作の一番面白くないところを忠実にアニメ化!
まあ最初からやるのは仕方ないんですが、よりによってここを忠実にアニメ化しなくてもよかったような・・・。
2期分の尺があると最初から決まっているなら、もう少し短縮してもよかった気がします。
でも原作は次の章から面白くなったので2期には期待。



◆ベストキャラクター賞:園城寺怜(咲-Saki-阿知賀編episodeofside-A)
ライダーは以前も選んだので、こちらで。
準決勝の少年漫画のような展開が印象的でした。
冷静な無口キャラなのに懸命に頑張ってる姿がギャップ萌え。
小倉唯のかわいらしい声も好印象。

◆ベストOP賞:MIRACLE RUSH(咲-Saki-阿知賀編episodeofside-A)
こちらも咲から。
今回OPはそれほど惹かれる曲がなかったので、ベストと言ってもそれなりです。
他の候補は夏色キセキの「Non stop road」、ニャル子の「太陽曰く燃えよカオス」あたり。

◆ベストED賞:満天(Fate/Zero 2ndシーズン)
Fate/Zeroの切嗣過去編のED。
EDはOPに比べていい曲が多かったのですが、それでもこれが飛び抜けて良かったです。
作品とマッチしているのもですが、単体で聞いてもいい曲です。
他は咲の「SquarePanicSerenade」、夏色キセキの「明日への帰り道」などが好きです。

◆ベスト声優賞・男性:石塚運昇(さんかれあ)
インパクトでさんかれあの親父です。
最初Fate/Zeroのライダー役の大塚明夫さんと区別がつかなかったのですが、衰退のおじいさん役でも出ていたのでちょっと違うかなと感じ始めています。
まだ自信はありませんけど。

◆ベスト声優賞・女性:阿澄佳奈(這いよれ!ニャル子さん)
園城寺怜役の小倉唯!・・・と言いたかったんですが少し大阪弁に難アリなので、ニャル子役の阿澄さんで。
こちらもかなりのハマリ役です。
あとニャル子がかなりのマシンガントークキャラなので、その頑張りも加味してます。


◆個人的な順位
1 Fate/Zero 2ndシーズン
2 つり球
3 咲-Saki-阿知賀編episodeofside-A
4 夏色キセキ
5 さんかれあ
6 這いよれ!ニャル子さん
7 めだかボックス

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

3月終了アニメ総評

何かの作品の1話感想でも言いましたが、今期は不作でした。
最後まで見たアニメも6本で少なめ。
そのうち2本は前期からの継続なので、2012年冬開始アニメとしては4本だけ。
再放送ではタイバニとかも見てるんですけどね。

※追記
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんにまたおさそいを受けたので、今回も「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?16」に参加させていただきます。



◆あの夏で待ってる
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
総合点:26

好みのキャラ:北原美桜

今期では一番面白かったです。
終わり方も良かったし、ラブコメとしても優秀。
ただ、主人公とヒロインのビジュアルがいまいちだったかも。
性格はむしろカッコイイと思うんですが、見た目をあの花のじんたんみたいにしていればもっと入り込めたかも。
逆に脇役は魅力的で、こちらの恋模様の方が気になって仕方ありませんでした。
あと、背景は非常に美麗で目を惹きます。

◆妖狐×僕SS
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:25

好みのキャラ:髏々宮カルタ

今期2番手。
最初はあまり期待していなかったのですが、思っていた以上に面白かった。
女性向けか男性向けかどっちつかずのキャラ構成ではありますが、男キャラにもあまり不快感はありませんでした。
案外男性女性関係なく受けているのかも?
ストーリーも終盤は盛り上がって、大幅に株を上げました。
欠点はあまりたいしたことではありませんが、タイトルとキャラ名が読みにくいこと。

◆偽物語
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:5
演出:5
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:24

好みのキャラ:忍野忍

原作はシリーズ通して一番面白くなかったのですが、シリーズ自体は好きなので、期待半分不安半分で視聴しました。
点数にするとやや高めになるのですが、やっぱりちょっと面白くなかったです。
キャラ同士の掛け合いはなかなか面白いのですが、ストーリーがイマイチ。
特にかれんビーは7話もかけてラストが肩透かしだったので評価低いです。
日常ものとしてなら悪くないんですけどね……。
でもまあ演出や会話やエロなど、あの手この手で飽きさせないようにしていたスタッフには頭が下がります。

◆バクマン2
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
総合点:20

好みのキャラ:新妻エイジ

前回より少しだけ面白くなってました。
まあ原作でも割と盛り上がる話が多かった部分のアニメ化でしたからね。
あまり面白くなかったタント関連の話もサクッと終わらせていたのも良かったです。
こちらは偽物語とは逆で点数にすると低くなりますが、総合点よりは良かったと思います。
面白さで言えば偽物語より良かったかも。

◆パパのいうことを聞きなさい!
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:20

好みのキャラ:小鳥遊美羽

すごく良いわけでも悪いわけでもなく、なんか凡庸なアニメでした。
ストーリーは一昔前のドラマとかでありそうな内容で、最近の流行りとは違っている気がします。
原作途中で1クールなので、ラストも中途半端でいまいち盛り上がらなかったですし、ちょっとアニメ化する意味がわからなかった……。
同じ原作者の迷い猫オーバーランもアニメ化されていましたし、スーパーダッシュ文庫一押しの作家なんでしょうか?

◆ペルソナ4
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音楽:4
総合的な評価:3
総合点:19

好みのキャラ:里中千枝

惰性で最後まで見ましたが、正直ストーリーは単調で盛り上がりに欠けるところがあります。
日常パートはそこそこ面白いのですが、本筋は真夜中テレビでキャラがもうひとりの自分を否定して戦闘になり、最後はその自分も自分なんだと認めるのを繰り返すだけ。
キャラが多いので何度も同じことの繰り返しになり飽きて来ます。
あまりアニメに向いている題材ではないのかも。



◆ベストキャラクター賞:忍野忍(偽物語)
メインヒロインの月火・火憐はそれほど魅力的とも思いませんでしたが、今回からしゃべるようになった忍はとても可愛かったです。
特にミスタードーナッツのシーンは繰り返し見てしまいましたw
ぱないの!

◆ベストOP賞:sign(あの夏で待ってる)
OPは断トツであの夏で待ってるのsign。
歌ももちろんいいのですが、編曲が妙に耳に残ります。
次点はオシャレな感じが好印象のペルソナ4かなぁ。
キタエリのパパ聞きも良いです。

◆ベストED賞:ナイショの話(偽物語)
こちらは断トツだったOPとは違って僅差です。
ClariSは単体で聞くとそれほどでもないんですが、アニメのOPやEDで見ると5割増しで良く聞こえるんですよね。
他のOPと比べて特別映像が良いってわけでもないと思うんですけど、何ででしょう?
次点はあの夏で待ってるのビードロ模様。

◆ベスト声優賞・男性:中村悠一
妖狐×僕SSの御狐神双熾の中村悠一さんです。
11話の過去話は入りこみました。
バクマンの新妻エイジ役の岡本さんも良かったんですが、既に一回バクマンで選んでいるのでこちらに。

◆ベスト声優賞・女性:石原夏織
女性は輪廻のラグランジェの主人公もやっているし、あの夏で待ってる谷川柑菜役の石原夏織さんで。
正直演技はまだそれほどでもないと思うんですけど、柑菜役はぴったりはまり役でした。
これからに期待ということで。


◆個人的な順位
1、あの夏で待ってる
2、妖狐×僕SS
3、バクマン2
4、偽物語
5、パパのいうことを聞きなさい!
6、ペルソナ4

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

12月終了アニメ総評

とんでもなく遅くなってしまいました。
忙しかったというのも原因ではあるのですが、境界線上のホライゾンを見てからにしようと思っていたら忘れてました。
すみません。
原作読まないと理解できなさそう、でも原作も分厚くてしり込みしてしまう……てことで結局まだ見てないんですけどね。

今回最後まで見たアニメは7本。
夏からの継続が2本、秋開始アニメが5本です。
前回から1本減りました。



◆アイドルマスター
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5
総合点:28

好みのキャラ:菊池真

序盤は期待していた通りのキャラ萌えアニメとして楽しんでいましたが、中盤以降はいくつも山場を作り、ストーリーでも楽しませてくれました。
中でも千早の話は感動させてくれました。
王道ではありますが、アニメ化はこんな感じにしてほしいという手本のような作品。
ほとんど欠点らしいものはありませんでしたが、しいて挙げるなら絵かな?
絵については基本的にかなり好みなのですが、ところどころ崩れがありました。
故意に崩しているようにも見えましたが、そうでない部分もありそう。

◆侵略!?イカ娘
ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
総合点:19

好みのキャラ:イカ娘

何でしょう……基本的に1期と変わってないはずですが、1期ほど面白くなかったような……。
飽きたのか、それとも2期目ということでインパクトが足りなかったのでしょうか。
一応好みのキャラとしてはイカ娘を挙げてますが、これも1期に比べると魅力が落ちた気がします。
もともとストーリーはもちろん、ギャグもあまり評価していなかったのですが、ちょっと間を空けるとこうなってしまうのか。
音楽についてはEDはともかく、OPは明らかにパワーダウン。
路線は引き継いでいるみたいでしたが、電波度が足らなかった。
あと、ちょっとミニイカ娘に頼り過ぎ。

◆Fate/Zero
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:28

好みのキャラ:ライダー(征服王イスカンダル)

アイマスと合わせて今回の双壁です。
こちらも欠点らしい欠点はないのですが、しいて挙げれば分割2クールなところでしょうか。
「ちょ、ここで終わるの?」というところで切れているラストがいまいち。
まあ、それほど間を置かずに再開されるのがわかっているので、それほど気にしないようにしています。
正真正銘俺たちの戦いはこれからだENDなら相当評価下げますけど。
キャラはライダー組をすごく応援したくなります。
主人公より主人公してるし、ライダーの懐の広さは憧れますね。
あんな風に生きろと言われても無理ですが。

◆ベン・トー
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:24

好みのキャラ:著莪あやめ(湖の麗人)

原作は1巻で切っていたので意外でしたが、思ってたより面白かったです。
弁当の奪い合いでバトルというくだらなさが良い感じ。
アイデアの勝利というところでしょうか。
でもアイデアだけってことはなく、意外とバトルものとしても王道ではあるのかも。
ただファンサービスなどに話を割いて、本筋があっさりしているのが欠点ですね。
原作既読者の話では原作の方が面白いとのことなので、1巻で切ったのは早計だったと少し後悔しています。
ところで白梅梅って本当に必要なキャラなの?

◆僕は友達が少ない
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3
総合点:18

好みのキャラ:羽瀬川小鳩

こっちはベン・トーとは逆に期待を裏切った作品。
というか、映像化したら原作で気にならなかったことが鼻につくような……。
主人公怖がられすぎじゃない?とか、隣人部の人たちって友達じゃないの?とか、とにかく不自然さが際立っています。
絵も元々のブリキ絵の魅力を引き出せていません。
たまに唇が子供の化粧みたいな時があって気になって仕方ないです。
どうしても以前やっていた電波女とくらべてしまい、もう少し何とかできなかったのかという気持ちになります。

◆輪るピングドラム
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:24

好みのキャラ:荻野目苹果

何て言うか、評価の難しい作品ですね。
ちょっと話がわかりにくいところがあるし、演出過剰なところもありますが、つまらなくはなかったと思います。
序盤テンポが遅いと言われたこともありますが、個人的にはじっくり派なので、そこはむしろ良かったかと。
一番良かったのは演出かな。
「生存戦略」とかインパクトありますしね。
悪かったところはやっぱり分かりにくいところでしょうね。
物語終盤は特に分かりづらくて、考察サイトとか調べました。

◆WORKING´!!
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5
総合点:25

好みのキャラ:伊波まひる

点数にすると多少落ちますが、面白さで言ったらアイマス・フェイトゼロに次ぐ3番手。
3強と言っても過言ではないかも。
2期ですが、イカ娘などと違って1期と比べても遜色ありません。
むしろ絵なんかは予算が取れたからか良くなっているくらい。
以前は感じられた手抜きっぽい部分がなくなり、丁寧になってます。
一番の魅力はキャラクターですね。
好みのキャラには伊波さんを挙げましたが、ぽぷらと山田も劣らず魅力的です。
新キャラは原作見たときは不安でしたが、案外悪くなかったかも。



◆ベストキャラクター賞:ライダー(Fate/Zero)
ワーキングの伊波さんと迷ったのですが、こういうタイプで好きなキャラって言うのが珍しいのでこちらにしました。
Fate/Zeroはライダー組がいなかったらとことん暗い話になりそうで、ムードメーカーとしても優秀です。
まあ、そういう意味ではコンビとなるウェイバー合わせての勝利かもしれません。

◆ベストOP賞:READY!!(アイドルマスター
これは文句なくアイドルマスター前期OPのREADY!!で。
2番手を選ぶとしても同じくアイドルマスター後期OPのCHANGE!!!!になります。
というか、今回は他のOPが不作だったというのもありますけどね。
歌は前期、映像は後期が良かったです。

◆ベストED賞:nora(ひだまりスケッチSP)
断トツで良かったんですが、ナシでしょうか?
歌も映像も完璧で、何度も見返してます。
もしこれ以外で選ぶなら、輪るピングドラムの「灰色の水曜日」かな。

◆ベスト声優賞・男性:大塚明夫
これはもちろん大塚明夫さんですね。
主人公を2役やっている木村良平さんも良かったんですが、インパクトで大塚さんです。

◆ベスト声優賞・女性:藤田
あえて挙げるならという感じで藤田さんを選びましたが、こちらはこれぞという声優がいませんでした。
あ、でもはがないとイカ娘の伊藤かな恵さんというのもアリか。


◆個人的な順位
1、Fate/Zero
2、アイドルマスター
3、WORKING´!!
4、輪るピングドラム
5、ベン・トー
6、僕は友達が少ない
7、侵略!?イカ娘

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ひだまりスケッチSP 前編感想

◆あらすじ
「7月15日 感じるままに」
試験休みを利用してひだまり荘のみんなで芸術野原美術館に行ってきました!
お天気が良くて気持い~♪あ、でも浮かれてないでしっかり勉強して帰らなきゃ!
色んな作品を観ていたら、みんな創作意欲が湧いてきたみたい。
私もとっても何か作りたい気分だな♪

「8月28日 プカリ」
夏休みの今日は宮ちゃん、乃莉ちゃん、なずなちゃんと屋内プールにやってきました。
宮ちゃんも乃莉ちゃんも泳げてカッコイイなぁ。
二人を見ていたら私も頑張ってみたくなって、宮ちゃんに練習に付き合ってもらいました。
少しは上達したんだよ?夜のパジャマパーティでヒロさんと沙英さんにも報告しなくちゃ…。

◆主題歌
OP:ゆの、宮子、ヒロ、沙英(阿澄佳奈、水橋かおり、後藤邑子、新谷良子)「気まぐれ、じゃんけんポンっ!」
ED:marble「nora」

◆原作
芳文社 ひだまりスケッチ 1~6巻
※原作既読

◆公式サイト
TBSアニメーション・ひだまりスケッチ× 公式ホームページ



◆感想
久しぶりのひだまりスケッチ。
今回のSPに加え、4期も決定しています。
ひだまりスケッチ愛されてますねw

OP&ED
なんと新規OP・EDが用意されてました!
しかも手抜きって感じではない……。
でもまあ4期流用なしのSP専用なら2話しかないのでちゃんとできてないとまずいですよねw
個人的にはEDが良かったです。
さすがmarbleさん。

7月15日 感じるままに
みんなで芸術野原美術館へ行く話。
彫刻の森美術館のもじりでしょうか?
中学の修学旅行で行ったことがありますが、かなり昔のことなのでどんな所かはすっかり忘れてます。
今行ったら感じるところがあるのかな?
というか、今行ったら聖地巡礼ですねw

8月28日 プカリ
水着回。
それにしても、全員スク水w(もしかすると乃莉は競泳水着かも?)
スク水好きですが、ここ学校施設ではない公共のプールですよね?
スポーツクラブみたいなプールでは案外派手な水着は少ないから平気なのかな?
しかし、水泳キャップを目深にかぶったりとか、色気が足りない気がする……。

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:乃莉
 

テーマ:ひだまりスケッチ - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。