2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月終了アニメ総評

 さあて、今回も順調に遅れました9月終了アニメ総評です。
9月終了なのにもう12月ですw
前回は次期アニメが始まる頃だったのでそれよりはましですが、今回の遅れもかなりのもの。
これからはこのようなことがないように・・・とは言わないでおきます。
多分無理なので。

最後まで見たアニメは6本。
かなり少ないです。
今やってるアニメは結構見てるんですけどね・・・。

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんが主催する「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」に参加させていただきます。



◆アクセルワールド
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:25
好みのキャラ:アッシュローラー

高レベルで纏まっていて、最後まできっちり締めてくれた優等生。
ストーリーもラノベ原作にありがちな駆け足ではなく、2クールなのに4巻までしか進んでないじっくり型。
じっくり派の自分歓喜w
原作は2巻で切ってしまっていましたが、アニメの出来がこれだけ良いと続きが欲しくなってしまいます。
手放してしまったのは早計だったと、少し後悔。
欠点は特に見当たらないのですが、しいて言えば作品自体のパワーが飛びぬけたものではなかったかも。
「出来が良い」止まりで、「すごい」とまではいかなかった。

◆ココロコネクト
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
総合点:22
好みのキャラ:稲葉姫子

惜しい作品という印象。
ドッキリの問題や、主題歌の問題、アニメの評価と関係のないところで評判を落としてました。
まあアニメ自体も個人的には「惜しい」という評価。
これもかなりじっくり作ってくれてたみたいですが、3つ目のエピソードはちょっと展開が早かったかも。
次のエピソードが控えたまま終わっていたり、いろいろ中途半端なところがあっていろいろと惜しいです。
絵も原作の独特な塗りを表現しようとして、古臭いだけになってしまっているのが残念。
決して悪い作品ではないんですけどね。

◆じょしらく
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:25
好みのキャラ:暗落亭苦来

今期のダークホースはこの作品かも。
ギャグと日常モノのハイブリッドみたいな作品でしたが、どちらも好みに合ました。
方向性は違うけど、同じくギャグ+日常モノの「日常」は合わなかったんですが、こちらはかなり面白かったです。
たまにハズレ回もありましたが、各回3話のうち2話くらいはアタリでした。
オリジナルの街紹介の話はギャグ弱めでしたが、逆に言えばキャラの可愛さだけで安定していたともいえます。
しっかり話を分けて、原作の話を台無しにしなかったというのも評価できるオリジナルでした。

◆人類は衰退しました
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:27
好みのキャラ:妖精さん全般

今期のベスト。
期待していた作品が、期待通りに面白いとすごく嬉しいですよね。
もう妖精さんが可愛くて可愛くてww
妖精さんだらけ、妖精さんまみれだった9話は何度も見返してしまいましたw
あと「わたし」のモノローグも秀逸。
言葉の選び方にいちいちセンスが光ってるのもありますが、声優さんの功績によるところもかなり大きい。
これほどのはまり役はなかなか見つかるものではありません。

◆氷菓
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:5
演出:3
音楽:4
総合的な評価:5
総合点:26
好みのキャラ:千反田える

スロースターターなところがありましたが、総合的にはかなりの良作でした。
特に長編エピソードはどれもラストの盛り上がりが半端ない。
序盤の短編が少し盛り上がらないところがちょっと残念。
ミステリとしては最高とはいわないまでも、アニメで見た中ではかなりの高レベル。
青春モノとしてはそれ以上の高レベルで、とても楽しめました。
欠点は上記のスロースターターなところと、演出が大げさでちょっとくどく感じられるところかな。

◆ゆるゆり♪♪
ストーリー:2
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3
総合点:19
好みのキャラ:赤座あかり

いまいち1期より面白くなかったかも。
パワーダウンしているわけではないのですが、逆に悪乗りしすぎて評価下げたような・・・。
オリジナル部分がことごとく失敗している気がします。
あとひまさくパートが増えているのですが、原作では気にならなかった桜子のわがままがなぜか鼻につく。
これがメディアの違いというやつか・・・。



◆ベストキャラクター賞:わたし(人類は衰退しました)
本当は妖精さんにしたいのですが、特定のキャラとは言えないので「わたし」で。
作品の評でも触れましたが、台詞回しがすごく好みです。
基本常識人なのですが、ちょっぴり黒さが出てるところもいいですねw
これが真っ黒だとまた違ったキャラになってしまうのですが、さじ加減がちょうどいい。

◆ベストOP賞:パラダイム(ココロコネクト)
中の人のせいで途中から下ろされてしまいましたが、曲に罪はありません。
今期どころか今年でもベスト狙える名曲です。
次点ではじょしらくのOPも良かったです。

◆ベストED賞:ニッポン笑顔百景(じょしらく)
しいてあげるならEDはじょしらくのニッポン笑顔百景かなぁ・・・。
EDは特別素晴らしいものがありませんでした。
じょしらくは歌よりもSDキャラの動きが可愛かったので。

◆ベスト声優賞・男性:なし
特にありませんでした。

◆ベスト声優賞・女性:中原麻衣(人類は衰退しました)
こちらは文句なく中原さんで。
原作を知っているとどんな役でも役者でも最初は違和感があるものですが、このキャスティングに関してはそれすらなかった。
まさしくはまり役。


◆個人的な順位
1 人類は衰退しました
2 氷菓
3 じょしらく
4 アクセルワールド
5 ココロコネクト
6 ゆるゆり♪♪
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

ソードアート・オンライン 第22話「グランド・クエスト」感想

忙しくて少し休んでしまい、申し訳ありません。


 
◆あらすじ
ユイがアスナのプレイヤーIDを感知した。《世界樹》の上部にアスナがいるというユイの言葉に、キリトはいてもたってもいられず翅を広げるが、システムによる障壁に阻まれて一番下の枝にすら届かない。しかし、アスナもまたキリトたちの存在を感じ取っていた。アスナは希望を込めてあるアイテムを空に投じる。改めてアスナ奪還への決意を新たにしたキリトは、《世界樹》の頂上へ至る唯一の道・難攻不落のグランド・クエストに挑む。

◆主題歌

OP:藍井エイル「INNOCENCE」
ED:春奈るな「Overfly」

◆原作
電撃文庫 ソードアート・オンライン 1~10巻  ソードアート・オンライン プログレッシブ 1巻
※原作既読

◆公式サイト
ソードアート・オンライン



◆感想
今回は面白かったですね。
フェアリーダンス編に入ってからは安定して面白かったのですが、飛び抜けてよかった回は今回が初めてかも。

見所は二つ。
ひとつ目は戦闘です。
敵は単体ではそれほど強くない?と思いましたが、大量に現れた時の絶望感はなかなかのものがありました。
心なしか、動きもいつもより良かったような・・・。
キリトが敗北するところも見られたし。
いや、でもキリトは結構負けてましたか。
よく俺TUEE言われてますけど、アニメでやっているところだけでヒースクリフ(チート)、直葉(剣道)、そして今回ので三回負けてますからね。

二つ目の見所は正体バレ。
こういう正体がバレるシーン大好きですw
直葉は2回同じ相手に失恋してちょっとかわいそうでしたが、正妻はアスナなので仕方がありません。
でも個人的にはアスナより直葉の方が好き(リーファとなるとまた別ですが)。
早く立ち直って欲しいですね。

☆☆☆☆☆ すごい
好みのキャラ:桐ヶ谷直葉

テーマ:ソードアート・オンライン - ジャンル:アニメ・コミック

ソードアート・オンライン 第19話「ルグルー回廊」感想

 話が進んだ!



◆あらすじ
《世界樹》をめざしてキリトたちが巨大な洞窟《ルグルー回廊》を進む中、リーファのもとに友人のレコンから1通のメッセージが届く。 その内容は警戒を促すものであったが、時すでに遅くサラマンダーの部隊が接近。追い詰められ、戦うしかない状況に陥ったキリトは、 リーファを回復役にして自分は単身敵陣に斬り込む。 だが、敵はキリトへの対策を練っており、固い前衛に足止めされたキリトにメイジ集団の魔法が降り注ぐ。

◆主題歌

OP:藍井エイル「INNOCENCE」
ED:春奈るな「Overfly」

◆原作
電撃文庫 ソードアート・オンライン 1~10巻  ソードアート・オンライン プログレッシブ 1巻
※原作既読

◆公式サイト
ソードアート・オンライン




◆感想
今回は結構動きがありましたね。
戦闘的にも物語的にも。

前半はサラマンダーとの戦闘。
地味な作戦ですが、対キリト用のシフトを考案してきた模様。
でもこれ、横が空いていませんか?
盾役をもう二人くらい増やして道を完全にふさいだ方がいいような・・・。
キリトも馬鹿正直に真正面から攻撃してるし。
というか、飛べるのにこの作戦は意味があるのかな。
最初にいた洞窟部分なら効果がありそうな作戦ですけど・・・そのためにルグルー回廊で襲ったんじゃないんでしょうか?

この作戦を破る切っ掛けになったのがユイの助言に従って使った幻惑魔法。
敵は動きを同期させてるだけと言ってましたが、幻惑なんかではなく完全に実体化してましたねw
気になったのでその部分だけ原作を読み返したのですが、見た目は変わるけどステータスは変化がないモンスター変身魔法らしいです。
弱そうなモンスターに変身することも多いらしく、見た目ほどチート魔法ではなさそう。
しかし、このモンスターはSAO74層ボスのアレですよね?
ここで当たりを引くのはさすが主人公というところ。

後半はシグルドとサラマンダーの企みが判明します。
地味キャラのくせにレコンお手柄w
リーファとキリトはいったん引き返すことに。
次回も期待です。

☆☆☆☆★ 良い(☆5と迷ったのですが、ツッコミどころも多かったので)
好みのキャラ:桐ケ谷直葉

テーマ:ソードアート・オンライン - ジャンル:アニメ・コミック

PSYCHO-PASS 第5話「誰も知らないあなたの顔」感想

 誰も知らない――後編



◆あらすじ
朱の同級生が操るアバター――スプーキーブーギーの協力の下行われた「偽タリスマン捕獲作戦」はみごと失敗に終わり、あまつさえ、さらに新たな犠牲者が出てしまう。犯人確保への決意を固くする朱だったが……。

◆主題歌
OP:凛として時雨「abnormalize」
ED:EGOIST「名前のない怪物」

◆原作
オリジナル作品

◆公式サイト

TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」公式サイト




◆感想
前回の続きから。
最初はスプーキーブギー(偽)との対談。
謝っているように見えて、捜査の一環でした。
一応怪しいと思ってたんですね。
「警察」って言葉が出たときあれっ?って思いましたが、やっぱりそこが偽物と分かる手掛かりでしたね。
しかし今回も推理はあっさり。
推理モノじゃないからこんなものでしょうか。
まあ今回は推理というよりも統計というかプロファイリングって感じでしたが。

犯人がわかり逮捕に向かいましたが、敵は内装ホログラムを使って妨害してきます。
これを対処したのが征陸ですが、酒を含んで火を吹く姿はちょっと間が抜けていたかもw
手傷を負わせ追い詰めることができましたが、黒幕は安全なところで様子見でした。

ひとまず事件は終わりましたが、最後ちょっと意外な事実が判明。
狡噛は実は元監視官でした。
言われてみれば若いようでベテランの風格がありましたね。
前回朱が征陸に相談していた時の内容も、これを踏まえていたとか?

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:征陸智己

テーマ:サイコパス - ジャンル:アニメ・コミック

ソードアート・オンライン 第18話「世界樹へ」感想

 おっぱいおっぱい



◆あらすじ
リーファは、《アルヴヘイム》の中央にそびえたつ《世界樹》までキリトを案内することに。ところが、スイルベーンを旅立とうとする一行の前にリーファのパーティーメンバー・シグルドが立ちはだかる。キリトを貶め、自分を束縛しようとするシグルドに嫌気がさしたリーファは、キリトが自分の新しいパートナーだと宣言する。一方、《世界樹》の頂上に囚われたアスナは、キリトの生死もわからぬまま不安と恐怖に耐えていたが……。

◆主題歌

OP:藍井エイル「INNOCENCE」
ED:春奈るな「Overfly」

◆原作
電撃文庫 ソードアート・オンライン 1~10巻  ソードアート・オンライン プログレッシブ 1巻
※原作既読

◆公式サイト
ソードアート・オンライン



◆感想
フェアリーダンスに入ってから進行が緩くなったような・・・。
SAO前半が短編だったのと、時間が飛び飛びだったから早く感じたのかな?
でも個人的にはこれくらいの方がいいかも

今回のエロ担当はアスナじゃなくて直葉だったようですね。
下着姿だけではなく、シャワーシーンも来ましたw
下着は何度かあったけど、シャワー(or風呂)は初めてでしたか?
原作ではアニメの2話に相当する「星なき夜のアリア」であったけど、カットされてましたしね。
それにしてもおっぱいでけぇ・・・。

今回は新キャラ登場。
名前だけは以前から出ていたシグルドさんです。
イケメンですが器はちっさそう。
まあ顔はSAOと違ってリアルと同じじゃないので、本当の顔はイケメンじゃないのかもしれませんが・・・。
そして、ケンカ別れのような感じで世界樹へと旅立つことになってしまいました。
あとで何かありそうですね。
SAOでいえばクラディールに相当するキャラでしょうか。

そういえば旅立つ前、レコンがリーファを「好き」とか言ってたユイが、旅立ったあとは「好き」が良くわからないと言っていたのが違和感。
何か意味ありましたっけ?

☆☆☆☆★ 良い
好みのキャラ:桐ケ谷直葉


テーマ:ソードアート・オンライン - ジャンル:アニメ・コミック

«  | ホーム |  »

プロフィール

天國いつき

Author:天國いつき
FC2ブログへようこそ!

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。